2014年04月09日

【和訳】The Ataris - Unopened Letter To The World

【和訳&歌詞】

If i died tomorrow
would this song live on forever?
here is my
unopened letter to a world
that never shall reply

もし僕が明日死んだら
この曲は永遠に残るだろうか
これが僕の
世界に向けた開くことのない手紙
返事はいらない

if i died tomorrow
would this song live on forever?
here is my
unopened letter to a world
that never shall reply

もし僕が明日死んだら
この曲は永遠に残るだろうか
これが僕の
世界に向けた開くことのない手紙
返事はいらない

never shall reply
from this second story window
i can hear the church bells calling out my name
this table is set for one
even angels would be homesick
in this forsaken town

返事はいらないよ
2階の窓から
教会の鐘が僕の名を呼ぶのが聞こえる
このテーブルは一人用なんだ
天使でさえホームシックになるよ
見放されたこの街じゃね

on random notes of parchment
i'm scrawling my existence
dressed in white

メモ用の羊皮紙に
自分の存在を書き付ける
真っ白な封筒に包んで

this candle radiates throughout the night
and it's never burning out

このロウソクは夜通し燃え続ける
そして燃え尽きることもない

never burning out

燃え尽きることもない

from this second story window
i can hear the children down on main street
they're singing their songs tonight

2階の窓から
子供たちがメインストリートを進むのが聞こえる
今夜自分たちの曲を歌っているんだ

in the shadows i will listen to their every movement

暗闇の中で僕は彼らのあらゆる動きに耳を傾けている

Mr. Higginson am i not good enough for the world?

ヒギンソンさん
僕は世界からみてとるに足らない存在なんでしょうか?

am i destined only to die
the same way that i lived,
in seclusion?

僕は隠れて生きたのと同じように
死ぬだけの運命なんでしょうか

but high up on this mountain
i can almost see your lonely window sill

でもこの山の頂上から
君の独りの部屋の窓が見えるようだよ

they'll carry you off tonight

今夜彼らは君をさらっていくよ

there's a ghost in your old bedroom
and a candle burning bright

君の古びた寝室には幽霊がいて
ロウソクは激しく燃える

if i die tomorrow
will this song live on forever?

もし僕が明日死んだら
この曲は永遠に残るだろうか





posted by ボーン at 02:12| Comment(0) | A The Ataris | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月25日

【和訳】The Ataris - The Saddest Song

今日紹介するThe AtarisのThe Saddest Songの歌詞は、何らかの事情で子供のそばにいてやれなかった父親が、その子供へと宛てたメッセージです。タイトル通り、悲しい曲です。


【歌詞&和訳】

Only two more days, until your birthday
Yesterday was mine
You'll be turning five
I know what it's like, growing up without your father in your life
So I pretend, I'm doing all I can
And I hope someday you'll find it in your heart

あと2日しかないね 君の誕生日までは
昨日は父さんの誕生日だったんだ
5歳になるんだね
わかるよ 父親のいない人生を送るのがどういうことなのか
だから父さんは精いっぱいやってるふりをしているんだ
いつか君が心の中に見つけてくれるといいな

To understand
Why I'm not around
And forgive me for not being in your life

なぜ父さんがそばにいなかったのか
理解できる理由をね
それと、君の人生についてやれなくてごめん

I remember waiting
For you to come
Remember waiting
For you to call
Remember waiting there to find nothing at all
I remember waiting
For you to come
Remember waiting
For you to call
Waiting there to find nothing at all

思い出すよ
君が来るのを待ってたことを
思い出すよ
君が電話してくるのを待ってたことを
思い出すよ
待っていたけど結局何もなかったことを
思い出すよ
君が来るのを待ってたことを
思い出すよ
君が電話してくるのを待ってたことを
待っていたけど結局何もなかった

maybe someday
you really get to know me
not just the letters read to you
I pray I get the chance
To make it up to you
We got a lot of catching up to do

いつの日か
君に宛てた手紙だけじゃなくて
本当に父さんのことを知るようになるかもしれないね
願ってるよ
埋め合わせをする機会が訪れることを
やらなきゃいけないことがたくさんあるからね

So I pretend, I'm doing all I can
And hope someday you'll find it in your heart

だから父さんは精いっぱいやってるふりをしているんだ
いつか君が心の中に見つけてくれるといいな

To understand
Why I'm not around
And forgive me for not being in your life

なぜ父さんがそばにいなかったのか
理解できる理由をね
それと、君の人生についてやれなくてごめん

I remember waiting
For you to come
Remember waiting
For you to call
Remember waiting there to find nothing at all
I remember waiting
For you to come
Remember waiting
For you to call
Waiting there to find nothing at all

思い出すよ
君が来るのを待ってたことを
思い出すよ
君が電話してくるのを待ってたことを
思い出すよ
待っていたけど結局何もなかったことを
思い出すよ
君が来るのを待ってたことを
思い出すよ
君が電話してくるのを待ってたことを
待っていたけど結局何もなかった

Forgive me!
I'm so sorry!
I will make it up to you....

ごめんね
本当に悪かった
埋め合わせはするよ…



サビの部分の歌詞は子ども側のセリフと解釈しても良さそうです。というかその方がすっきりしますね。

posted by ボーン at 21:06| Comment(0) | A The Ataris | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月12日

【和訳】The Ataris - So Long, Astoria

The AtarisのアルバムSo Long, Astoriaより、アルバムと同タイトルの曲です。アルバムの一曲目です。この次の曲が以前紹介したTakeoffs and Landingsになります。

It was the first snow of the season
i can almost see you breathin'
in the middle of that empty street

この季節最初の雪だった
君の白い息が見えるようだよ
誰もいない道の真ん中で

Sometimes i still see myself
in that lonesome bedroom
playin' my guitar
and singing songs of hope
for a better future

時々自分を思い出すんだ
誰もいないベッドルームで
ギターを弾いて
今よりもいい未来を願う歌を歌っている自分を

life is
only
as good as the memories we make
and i'm taking back what belongs to me
polaroids of classrooms unattended
these relics of remembrance
are just like shipwrecks
only they're gone faster
than the smell after it rains

人生は
思い出を作らなきゃ良いものにはならない
僕は自分の思い出を取り戻してる
誰もいない教室の写真
この思い出の遺産は
船の残骸と同じだよ
雨の後の匂いよりも速く消えて行ってしまう

last night while everyone was sleepin'
i drove through my old neighborhood
and resurrected memories from ashes

昨日、みんなが寝てるうちに
近所をドライブして
思い出を灰から蘇えらせた

we said that we would never fit in
we were really just like them
does rebellion ever make a difference

型にはまるもんかなんて言ってたけど
僕らも本当はみんなと同じだった
反抗することに意味はあったのだろうか

life is
only
as good as the memories we make
and i'm taking back what belongs to me
polaroids of classrooms unattended
these relics of remembrance
are just like shipwrecks
only they're gone faster
than the smell after it rains

人生は
思い出を作らなきゃ良いものにはならない
僕は自分の思い出を取り戻してる
誰もいない教室の写真
この思い出の遺産は
船の残骸と同じだよ
雨の後の匂いよりも速く消えて行ってしまう

So long astoria
i found a map to buried treasure
and even if we come home empty handed
well still have our stories
of battle scars, pirate ships and wounded hearts,
broken bones, and all the best of friendships

さよなら、アストリア
隠された宝の地図を見つけたんだ
たとえなにも見つけられなくても
僕らの物語がある
戦いの傷、海賊船、傷ついた心
折れた骨、最高の友情の物語が

and when this hourglass
has filtered out
its final grain of sand
i raise my glass to the memories we had
this is my wish
this is my wish
i'm takin' back
i'm takin' them all back

この砂時計が
落ちきってしまうとき
それが最後の一粒だ
僕らの思い出に乾杯しよう
僕の願い
僕の願いは
取り戻すこと
思い出を全て取り戻すこと



posted by ボーン at 12:14| Comment(0) | A The Ataris | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月11日

【和訳】The Ataris - Takeoffs and Landings

アメリカのバンド、The Atarisの曲です。疾走感あふれる中に切ないメロディが響く、これぞエモという感じの曲です。

歌詞は愛する人との別れを描いたものだと思われます。別れといっても、嫌いになって別れたのではなく、離れたくないのに何か離れざるをえない状況を描いています。タイトル「離陸と着陸」からもわかるように、飛行機関連の言葉にいろいろとなぞらえていますね。目を閉じて聞くと真っ暗な中に滑走路のライトが輝いている風景が浮かんでくるようです。

On this coldest of January nights
We drive out past the runway and watch the planes go flying by
The runway lights are the deepest blue like the colors of your eyes
So close them tight and kiss me one last time

If you could go anywhere right now
Where would you go?
And would you miss me when you get there?
There's no place that I would rather be
Please don't let me go falling from the sky
The "fasten seatbelt" sign just needs to go out
If only you could be right here by my side
Home wouldn't seem so far from here

Passport, customs, carry on, remember
To shut off all of your electronic devices
Fell asleep on Tuesday woke up Monday afternoon
I slept right through your International Date Line

If you could go anywhere right now
Where would you go?
And would you miss me when you get there?
There's no place that I would rather be
Please don't let me go falling from the sky
The "fasten seatbelt" sign just needs to go out
If only you could be right here by my side
Home wouldn't seem so far from here

Please don't let me go falling from the sky
The "fasten seatbelt" sign just needs to go out
If only you could be right here by my side
Home wouldn't seem so far from here

一月の冷え切った夜に
僕らは滑走路を通り過ぎ、飛行機が飛んでいくのを眺めている
滑走路のライトはこれ以上ないくらいの青色で、君の瞳と同じ色だ
だから目をしっかり閉じて、最後のキスをしてくれ

今すぐどこにでも行けるとしたなら
君はどこに行く?
そこに着いたら僕のことを思い出してくれるかい?
他に僕のいたい場所なんてないんだよ
どうか、この空から僕を落とさないで
「シートベルトを締めて下さい」のランプなんて消えてしまえ
君がここで僕のすぐそばにいてくれたなら
故郷がこんなにも遠くに感じられることはないのに

パスポート、税関、手荷物
電子機器の電源を切るのを忘れずに
火曜日に眠りにつき、起きたら月曜の午後
寝ている間に日付変更線を越えていた

今すぐどこにでも行けるとしたなら
君はどこに行く?
そこに着いたら僕のことを思い出してくれるかい?
他に僕のいたい場所なんてないんだよ
どうか、この空から僕を落とさないで
「シートベルトを締めて下さい」のランプなんて消えてしまえ
君がここで僕のすぐそばにいてくれたなら
故郷がこんなにも遠くに感じられることはないのに

どうか、この空から僕を落とさないで
「シートベルトを締めて下さい」のランプなんて消えてしまえ
君がここで僕のすぐそばにいてくれたなら
故郷がこんなにも遠くに感じられることはないのに


個人的に気になるのが
Fell asleep on Tuesday woke up Monday afternoon
I slept right through your International Date Line
のくだりです。
"your" International Date Lineとなっているのは何か意味があるんでしょうか。普通だったら"the" International Date Lineで良さそうなんですけど・・・。「君の」日付変更線となっているのは何かの隠喩なのかも?それか単にメロディのリズムとの兼ね合いでこの言葉になったのか。ネイティブじゃないので細かいニュアンスがよくわからなくてすみません・・・。


posted by ボーン at 23:31| Comment(0) | A The Ataris | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。