2015年11月11日

【和訳】Green Day - Basket Case

Green DayのBasket Caseです。ビリー・ジョー・アームストロング本人のパニック障害について歌った歌です。

【歌詞&和訳】
Do you have the time to listen to me whine?
About nothing and everything all at once
I am one of those melodramatic fools
Neurotic to the bone, no doubt about it

ちょっと俺の泣き言を聞いてくれないか?
いろんなことをいっぺんに言うけど
俺もメロドラマの馬鹿と同じようなものなのかな
生粋の神経症なんだな、間違いない

Sometimes I give myself the creeps
Sometimes my mind plays tricks on me
It all keeps adding up I think I'm cracking up
Am I just paranoid or am I just stoned

時々ぞっとするぜ
時々心が俺をもてあそぶんだ
どんどんひどくなってきて、俺は壊れそうだ
俺はただのパラノイドなのか、それとも酔っ払いなのか?

I went to a shrink to analyze my dreams
She says it's lack of sex that's bringing me down
I went to a whore, he said my life's a bore
Just quit my whining cause it's bringing her down

精神科で夢を診てもらった
先生が言うにはセックスしてないから気分が沈むんだって
一発ヤりに行ったら、お前の人生は退屈だって言われた
先生をがっかりさせないためにも泣き言はやめておくか

Sometimes I give myself the creeps
Sometimes my mind plays tricks on me
It all keeps adding up I think I'm cracking up
Am I just paranoid or am I just stoned

時々ぞっとするぜ
時々心が俺をもてあそぶんだ
どんどんひどくなってきて、俺は壊れそうだ
俺はただのパラノイドなのか、それとも酔っ払いなのか?

Grasping to control, so I better hold on

貪欲に制御しようとすると、まだ持ちこたえられるんだ

Sometimes I give myself the creeps
Sometimes my mind plays tricks on me
It all keeps adding up I think I'm cracking up
Am I just paranoid or am I just stoned

時々ぞっとするぜ
時々心が俺をもてあそぶんだ
どんどんひどくなってきて、俺は壊れそうだ
俺はただのパラノイドなのか、それとも酔っ払いなのか?




posted by ボーン at 19:07| Comment(0) | G Green Day | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月10日

【和訳】Green Day - She's A Rebel

アルバムAmerican Idiot よりShe's A Rebelです。

salt of the earth についてはこちらを参照ください。
she's holding on my
heart like a hand grenadeのくだりはまさにAmerican Idiotのジャケット写真ですね。

518vUjTWNNL.jpg


【歌詞&和訳】

She's a rebel
She's a saint
She's salt of the earth
And she's dangerous

あの子は反逆者
そして聖者
地の塩であり
ヤバい奴さ

She's a rebel
Vigilante
Missing link on the brink
Of destruction

あの子は反逆者
ビジランテさ
破壊の寸前まで隠れて繋がっている

From Chicago to Toronto
She's the one that they
Call old whatsername

シカゴからトロントへ
あの子の名は"whatsername"

She's the symbol
of resistance
and she's holding on my
heart like a hand grenade

あの子は抵抗の象徴
俺の心臓を手榴弾みたいに掴んでいる

Is she dreaming
what I'm thinking
Is she the mother of all bombs
gonna detonate

俺の考えてることを
あの子は夢見てるのか?
これから爆破するすべての爆弾を
あの子が作り出したのか?

Is she trouble
like I'm trouble
make it a double
twist of fate
or a melody that

俺と同じように
あの子も厄介者なのか?
それなら2倍になるな
運命のねじれも
あのメロディも

She sings the revolution
the dawning of our lives
she brings this liberation
that I just can't define
nothing comes to mind

あの子は革命を歌い上げる
新たな人生の幕開けだ
あの子は解放をもたらす
それは俺にはうまく説明できない
俺には想像もつかない

She's a rebel
She's a saint
She's salt of the earth
And she's dangerous

あの子は反逆者
そして聖者
地の塩であり
ヤバい奴さ

She's a rebel
Vigilante
Missing link on the brink
Of destruction

あの子は反逆者
ビジランテさ
破壊の寸前まで隠れて繋がっている

She's a rebel
She's a saint
She's salt of the earth
And she's dangerous

あの子は反逆者
そして聖者
地の塩であり
ヤバい奴さ

She's a rebel
Vigilante
Missing link on the brink
Of destruction

あの子は反逆者
ビジランテさ
破壊の寸前まで隠れて繋がっている

She's a rebel, She's a rebel, She's a rebel, And she's dangerous
あの子は反逆者
あの子は反逆者
あの子は反逆者
ヤバい奴さ





posted by ボーン at 23:40| Comment(0) | G Green Day | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月02日

【和訳】Green Day - Whatshername

Green Dayのアルバム"American Idiot"のストーリーの中で、Jesus Of Suburbiaはwhatshernameという女性と出会うんですが、このアルバム最後の曲"Whatshername"で、結局その二人は別れてしまったことがわかります。Whatshernameというのはwhat is her name?からとったんでしょうか。



【歌詞&和訳】

Thought I ran into you down on the street
Then it turned out to only be a dream

確か君とは通りで偶然出会ったんだけど
それはただの夢だったとわかった

I made a point to burn all of the photographs
She went away and then I took a different path
I remember the face, but I can't recall the name
Now I wonder how Whatshername has been

僕は今写真を燃やしてる最中さ
あの子はもういないから僕は違う道を歩む
顔は覚えてるけど名前は思い出せない
あの子はどんな子だったっけな

Seems like she disappeared without a trace
Did she ever marry oh, Whatshisface

あの子はまるで跡形もなく消えていった
結婚してたのかな だとしたらダンナはどんな顔なんだ?

I made a point to burn all of the photographs
She went away and then I took a different path
I remember the face, but I can't recall the name
Now I wonder how Whatshername has been

僕は今写真を燃やしてる最中さ
あの子はもういないから僕は違う道を歩む
顔は覚えてるけど名前は思い出せない
あの子はどんな子だったっけな

Remember
Whatever
It seems like forever ago

思い出せ
何でもいいから
ずっと昔のことのように思える

Remember
Whatever
It seems like forever ago

思い出せ
何でもいいから
ずっと昔のことのように思える

The regrets are useless in my mind
She's in my head
I must confess

後悔しても意味はないさ
正直に言うと
あの子はまだ僕の頭の中にいる

The regrets are useless in my mind
She's in my head
From long ago

後悔しても意味はないさ
ずっと昔から
あの子はまだ僕の頭の中にいる

And in the darkest night
If my memory serves me right
I'll never turn back time
Forgetting you but not the time

真っ暗な夜でも
このつらい記憶は仕方ないんだ
時間を巻き戻したりはしない
君のことは忘れてもあの時間は忘れない








posted by ボーン at 21:27| Comment(0) | G Green Day | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月11日

【和訳】Green Day - Jesus Of Suburbia

Green Dayのアルバム、American Idiotの実質的な幕開けを告げる曲です。




[Part 1: Jesus of Suburbia]

I'm the son of rage and love
The Jesus of Suburbia
From the bible of none of the above
On a steady diet of
Soda pop and Ritalin
No one ever died for my sins in hell
As far as I can tell
At least the ones I got away with

俺は怒りと愛から生まれた
ジーザス・オブ・サバービア
どの聖書にも登場しないよ
ソーダとリタリンでしっかりとダイエット中
俺の知ってる限りでは
俺の地獄での罪のために死んで行ったやつはいない
少なくとも俺が免れた罪のためには

And there's nothing wrong with me
This is how I'm supposed to be
In a land of make belief
That don't believe in me

俺は何も間違ってない
これがあるべき姿なんだ
この見せかけの国じゃ
誰も俺を信じない

Get my television fix
Sitting on my crucifix
The living room or my private womb
While the Moms and Brads are away
To fall in love and fall in debt
To alcohol and cigarettes and Mary Jane
To keep me insane
Doing someone else's cocaine

テレビを直してくれ
十字架の上に腰かける
リビングルーム、ここは俺のプライベート空間さ
母さんとブラッドがいない間はね
恋に落ちて金をつぎ込む
酒、タバコ、ドラッグにつぎ込んで
イカれたままにしておくんだ
他の奴のコカインだってもらってやるぜ

And there's nothing wrong with me
This is how I'm supposed to be
In a land of make believe
That don't believe in me

俺は何も間違ってない
これがあるべき姿なんだ
この見せかけの国じゃ
誰も俺を信じない

[Part 2: City Of The Damned]

At the center of the Earth
In the parking lot
Of the 7-11 where I was taught
The motto was just a lie
It says home is where your heart is
But what a shame
Cause everyone's heart
Doesn't beat the same
It's beating out of time

地球の中心
そこはセブンイレブンの駐車場に位置している
ここで素晴らしい言葉は嘘だって教えられた
その言葉は「帰るところはあなたの心にある」って言うんだけど
何言ってんだって話だよ
だってそれぞれの心はみんな違うリズムで脈打ってるんだぜ
それぞれバラバラなんだよ

City of the dead
At the end of another lost highway
Signs misleading to nowhere
City of the damned
Lost children with dirty faces today
No one really seems to care

死者の街
先の見えないハイウェイの終わりに位置する
標識はどこともつかない場所へと誘い込む
クソみたいな街
未だに汚れた顔の行き場のない子供たちがいるけど
誰も気にしてないみたいだ

I read the graffiti
In the bathroom stall
Like the holy scriptures of the shopping mall
And so it seemed to confess
It didn't say much
But it only confirmed that
The center of the earth
Is the end of the world
And I could really care less

トイレの個室で
落書きを見た
それはまるでショッピングモールにある聖書のようだった
同じことを言ってるようだったよ
多くのことはわからなかったけど
一つ確認できたのは
地球の中心は
世界の最果てだってこど
まあ俺にはどうでもいいけど

City of the dead
At the end of another lost highway
Signs misleading to nowhere
City of the damned
Lost children with dirty faces today
No one really seems to care

死者の街
先の見えないハイウェイの終わりに位置する
標識はどこともつかない場所へと誘い込む
クソみたいな街
未だに汚れた顔の行き場のない子供たちがいるけど
誰も気にしてないみたいだ


[Part 3: I Don't Care]

I don't care if you don't
I don't care if you don't
I don't care if you don't care

I don't care

俺のことを気にかけてくれなくてもいいぜ
俺にはどうでもいいことだ

Everyone is so full of shit
Born and raised by hypocrites
Hearts recycled but never saved
From the cradle to the grave
We are the kids of war and peace
From Anaheim to the middle east
We are the stories and disciples
Of the Jesus of suburbia
Land of make believe
And that don't believe in me
Land of make believe
And I don't believe
And I don't care!
I don't care!

クソ野郎ばっかりだ
偽善者によって生まれ育てられてる
命が生まれ変わることはあっても、救われることはない
生まれてから死ぬまでずっとだ
俺たちは戦争と平和の子供
アナハイムから中東まで
俺たちは言い伝えにも出てくる使徒で
ジーザス・オブ・サバービアに仕えている
見せかけの国
誰も俺を信じない
見せかけの国
俺は信じないよ
俺にはどうでもいい


[Part 4: Dearly Beloved]

Dearly beloved are you listening?
I can't remember a word that you were saying
Are we demented or am I disturbed?
The space that's in between insane and insecure
Oh, therapy, can you please fill the void?
Am I retarded or am I just overjoyed
Nobody's perfect and I stand accused
For lack of a better word, and that's my best excuse

愛する人よ、聞いているかい?
君の言葉が思い出せないよ
俺たちは狂っちまったのか?それとも俺だけが動揺してるのか?
狂気と不安の間でさまよっている
治療を受けたらこの空虚は埋まるのか?
知能が衰退してるのか、それとも喜びすぎてるだけなのか
完璧な奴がいないから、俺が批判にさらされる
いい言葉が見つからないから、これが一番マシな言い訳ってことになるかな


[Part 5: Tales Of Another Broken Home]

To live and not to breathe
Is to die In tragedy
To run, to run away
To find what you believe
And I leave behind
This hurricane of fucking lies

生きていても、息ができなけりゃ
悲劇的な死と同じ
逃げるよ
信じるものを見つけるために
クソみたいな嘘の嵐とはおさらばだ

I lost my faith to this
This town that don't exist
So I run
I run away
To the light of masochist
And I leave behind
This hurricane of fucking lies
And I walked this line
A million and one fucking times
But not this time

信念はなくしてしまった
存在しないこの街への信念は
だから逃げる
逃げるんだ
マゾヒストの光の方へと
クソみたいな嘘の嵐とはおさらばだ
この線に沿って歩いてきた
今まで数えきれないほど歩いてきた
でも今回は違う

I don't feel any shame
I won't apologize

何の恥も感じないし
謝ったりしないよ

When there ain't nowhere you can go
Running away from pain
When you've been victimized
Tales from another broken home

どこにも行くところがないのなら
痛みから逃げるだけだよ
犠牲者になったとき
崩壊した家庭のお話がまた生まれる

You're leaving...
You're leaving...
You're leaving...
Ah you're leaving home...

この街を出ていく
この街から出ていく…



Jesus Of Suburbia(JOS)とは、そのまま訳出すると「郊外のジーザス」ということになると思いますが、郊外というのは、二つの意味があって、一つはそのままの地理的な意味。この曲の「街」とはアナハイムのことですが、これは当然ニューヨークやLAに比べると相対的に郊外ということになります。もう一つは比喩的な意味で、一般的に知られているJesusと対比してのJesus Of Suburbiaです。世界中に20億人信徒がいるキリスト教に比べて、Jesus Of Suburbiaは"In a land of make believe
That don't believe in me"、誰も信じていないわけです。そういった意味でも中心に対する周辺としての郊外の意味が取れると思います。

この曲の大きなテーマ、ひいてはアルバム自体のテーマにもなるのですが、それは、主人公JOSの考えが一般的なアメリカの価値観や理想的なあり方と異なっているということです。JOSからしてみれば、"home is where your heart is"なんて言葉は信じることができません。そのため、一般人から見ればJOSはおかしな奴に見えますし、誰も信じる気にはなりません(In a land of make belief
That don't believe in me)。他方で、JOSから見れば他の奴らは馬鹿にしか見えないということになります(Everyone is so full of shit)。最終的に、JOSはこの街から出て行ってしまいます(You're leaving...)。そうして街を出ていったところからこのアルバムの物語は始まるわけです。言うなればこの曲がアルバム全体の物語のプロローグとなっているということになります。街を出て、その後JOSがどうなっていくのか…ということはこれからの曲で明かされていきます。



細かい部分の歌詞について。

No one ever died for my sins in hell
この曲ではキリストとJOSの対比が見られます。まずこの部分ですが、キリストが人間の原罪のために死んだこととの対比となっています。キリストは皆のために死んだけど、俺のために死んでくれる奴はいないっていうことですね。ただ、正確な対比をするならばJOSは誰かの死を待つ立場じゃなくて、むしろ自分が死んで他者の罪をどうこうする方の立場だとは思うんですが…。

Sitting on my crucifix
キリストは十字架に磔になりましたが、JOSは十字架に腰かけちゃいます。たぶんこれはリビングルームにあるソファーのことですね。

The living room or my private womb
While the Moms and Brads are away
母親と父親(ブラッド)がいない間だけはリビングが自由な自分だけの空間になります。父親のことをDadと呼ばずにBradと名前で呼んでいることから、親子仲がうまくいっていないことがうかがえます。

We are the kids of war and peace
From Anaheim to the middle east
We are the stories and disciples
Of the Jesus of suburbia
正直この辺はよくわかりません。JOSの信徒はいないはずですが、ここではキリストと同様、使徒がいることになっています。JOSの妄想なんですかね。

Am I retarded or am I just overjoyed
これは結構過激な表現だと思います。あんまり喜びすぎていると、知能が遅れているとみなされるということです。

I run away
To the light of masochist
街から逃げると、自分ひとりになります。JOSの思考はベタな価値観からはずれているため、批判にさらされることや、迫害を受けるということも考えられます。そのような過酷な状況を「マゾヒスト」と表現しています。




日本でのライブ映像です。さいたまスーパーアリーナかな??
posted by ボーン at 14:33| Comment(2) | G Green Day | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月12日

【和訳】Green Day - Holiday

Green DayのHolidayです。この曲が収録されているアルバムAmerican Idiotは反戦と当時のブッシュ政権への批判がテーマとなっており、この曲も反戦ソングとなっています。アルバムの中でも一番ストレートにメッセージが伝わる曲の一つだと思います。



【歌詞&和訳】

Hear the sound of the falling rain
Coming down like an Armageddon flame
The shame
The ones who died without a name

雨の降る音が聞こえる
まるでアルマゲドンの炎のように降ってくる
名もなく死んでいった者たちが残念でならない

Hear the dogs howling out of key
To a hymn called "Faith and Misery"
And bleed, the company lost the war today

犬が音程もなく吠えているのが聞こえる
「信念と悲壮」の讃美歌に向かって吠えている
そして血を流す
企業は今日戦争に敗北する

I beg to dream and differ from the hollow lies
This is the dawning of the rest of our lives
On holiday

夢を見ることを願い、中身のない嘘とは異なる存在となる
これが残りの人生の新たな夜明け
新たな休日の過ごし方

Hear the drum pounding out of time
Another protester has crossed the line
To find, the money's on the other side

音程の外れたドラムの音が聞こえる
新たな抗議者がまた一線を越える
逆の側にある金を見つけるために

Can I get another Amen?
There's a flag wrapped around a score of men
A gag, a plastic bag on a monument

もう一度祈りを捧げてもいいかい?
旗に多くの人々が群がっている
記念碑にかぶせられたビニール袋はまるで猿ぐつわだ

I beg to dream and differ from the hollow lies
This is the dawning of the rest of our lives
On holiday

夢を見ることを願い、中身のない嘘とは異なる存在となる
これが残りの人生の新たな夜明け
新たな休日の過ごし方

"The representative from California has the floor"
Sieg Heil to the president Gasman
Bombs away is your punishment
Pulverize the Eiffel towers
Who criticize your government
Bang bang goes the broken glass and
Kill all the fags that don't agree
Trials by fire, setting fire
Is not a way that's meant for me
Just cause, just cause, because we're outlaws yeah!

「カリフォルニア州の議員が発言します」
ブッシュ大統領に敬礼を
投下された爆弾は彼らへの罰なのだ
フランス人を粉砕せよ
奴らは政府を批判している
爆弾が次々にガラス窓を破壊し
賛成しない同性愛者達を殺していく
火の裁きを、火をつけよ
でもこんなの俺には関係ない
だって俺たちはアウトローだからな!

I beg to dream and differ from the hollow lies
This is the dawning of the rest of our lives
I beg to dream and differ from the hollow lies
This is the dawning of the rest of our lives

夢を見ることを願い、中身のない嘘とは異なる存在となる
これが残りの人生の新たな夜明け
新たな休日の過ごし方

This is our lives on holiday

これが僕らの休日の過ごし方

the company lost the war todayですが、国家countryが戦争に勝つ一方で、経済的な損失は大きく、企業側からすればむしろ損をしたということでしょう(儲かった企業もたくさんありそうですが・・・)。

The representative from...のくだりですが、途中から(Is not a...以降)視点が「カリフォルニアの議員」から元の方(Green Day側)に戻っています。
Gasmanはブッシュのあだ名だそうです。Sieg Heilというドイツ語をチョイスしたのは、ブッシュをヒトラーになぞらえるためだと思われます。なかなか過激な手法です。
Eiffel towersはフランス人のことを指しています。複数形になっていますし。フランス人を表す言葉としてフランスの象徴であるエッフェル塔をチョイスしたのでしょう。フランスは国の立場としてイラク戦争に反対していましたね。

posted by ボーン at 20:58| Comment(0) | G Green Day | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。