2013年08月29日

【和訳】Franz Ferdinand - Jacqueline

Franz FerdinandのJacquelineという曲を紹介します。

【歌詞&和訳】

Jacqueline was seventeen
Working on a desk
When Ivor
Peered above a spectacle
Forgot that he had wrecked a girl
Sometimes these eyes
Forget the face they're peering from
When the face they peer upon
Well, you know
That face as I do
And how in the return of the gaze
She can return you the face
That you are staring from

ジャクリーンは17歳
デスクで仕事中
アイヴァーが眼鏡越しに見つめていると
彼は女とヤったことも忘れてしまった
時々彼の目は
見つめる自分の顔のことを忘れてしまう
彼女の顔を見つめているとね
ああ、君も僕もあの顔を知ってるよね
あの子に送った視線のお返しとして
あの子はあの顔を返してくる
君が見つめるあの顔を

It's always better on holiday
So much better on holiday
That's why we only work when
We need the money

いつだって休日はいいもんだ
ずっとずっといいもんだ
だから俺たちが働くのは
カネが欲しい時だけ

Gregor was down again
Said come on, kick me again
Said, I'm so drunk
I don't mind if you kill me
Come on you gutless
I'm alive
I'm alive
I'm alive
And how I know it
But for chips and for freedom
I could die

グレガーがまたくたばってる
「おい、また蹴飛ばしてくれよ」だってさ
「酔っぱらっちまった
俺を殺したっていいぜ
かかって来いよ、ヘタレ野郎
俺は生きてる
俺は生きてる
俺は生きてる
そんなこと知るかよ
でもツマミと自由のためになら
俺は死ねるぜ」

It's always better on holiday
So much better on holiday
That's why we only work when
We need the money

いつだって休日はいいもんだ
ずっとずっといいもんだ
だから俺たちが働くのは
カネが欲しい時だけ



1番の歌詞と2番の歌詞はおそらく直接の関係はないと思います。それぞれ別の話ですが、「デスクワークをする17歳の女」も「管を巻いている男」もいずれもサビの歌詞に繋がる点で共通しており、この曲の「俺たちが働くのはカネが欲しい時だけ」というテーマを強調しています。
ただ、それだと曲のタイトルがJacquelineじゃなくてHolidayとか、サビの部分に出てくる言葉になるはずなので、もしかしたら1番と2番に関連性があったりするのかも…。

ちなみにIvorというのはアイヴァー・カトラーという方のことだそうです。

posted by ボーン at 23:13| Comment(2) | F Franz Ferdinand | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月01日

【和訳】Franz Ferdinand - Michael

前回は登場人物がレズという設定の歌を取り上げましたが、今回紹介するFranz FerdinandのMichaelという曲はゲイの二人を描いています。この曲を書いたことも影響してか、このバンドのメンバーにもゲイ説が流れているようです。

This is where I'll be
So heavenly
So come and Dance with me Michael

僕はここに来ると
天国のような気分になる
だから僕と踊ろう、マイケル

So Sexy, I'm sexy
So come and dance with me Michael

僕はこんなにもセクシーなんだ
だから僕と踊ろう、マイケル

I'm all that you see, you wanna see
So come and dance with me Michael

君の目に映るのは僕だけ、僕を見てよ
だから僕と踊ろう、マイケル

So close now, so close now
So come and dance with me
So come and dance with me
So come and dance with me

こんなに近く、今やこんなに近くにいる
だから僕と踊ろう
だから僕と踊ろう
だから僕と踊ろう

Michael you're the boy with all the leather hips
Sticky hair, sticky hips stubble on my sticky lips
Michael you're the only one I ever want only one I ever want only one I ever want
Beautiful boys on a beautiful dance floor
Michael you're dancing like a beautiful dance-whore
Michael waiting on a Silver platter now
And nothing matters now

マイケル、君の尻は革のようだ
粘っこい髪、粘っこい尻、無精ひげが僕の粘っこい唇に触れる
マイケル、君は僕がずっと探していた人だ
美しいダンス・フロアに美しい男たち
マイケル、君は美しい娼婦のように踊っている
マイケル、君は銀の皿の上で待っている
それで何も問題ない

This is what I am I am a man so come and dance with me Michael

これが僕の姿、僕は男だよ
だから僕と踊ろう、マイケル

So strong now it's strong now
So come and dance with me Michael

こんなにも大きく、大きくなっている
だから僕と踊ろう、マイケル

I'm all that you see, you wanna see
so come and dance with me Michael

君の目に映るのは僕だけ、僕を見てよ
だから僕と踊ろう、マイケル

So close now. You're close now
Come and dance with me come and dance with me So come and dance with me!

こんなにも近く、君はこんなにも近くにいる
だから僕と踊ろう、僕と踊ろうよ!

Michael you're the boy with all the leather hips
Sticky hair, sticky hips stubble on my sticky lips
Michael you're the only one I ever want only one I ever want only one I ever want
Beautiful boys on a beautiful dance floor
Michael you're dancing like a beautiful dance-whore
Michael waiting on a Silver platter now
And nothing matters now

マイケル、君の尻は革のようだ
粘っこい髪、粘っこい尻、無精ひげが僕の粘っこい唇に触れる
マイケル、君は僕がずっと探していた人だ
美しいダンス・フロアに美しい男たち
マイケル、君は美しい娼婦のように踊っている
マイケル、君は銀の皿の上で待っている
それで何も問題ない



すごく生々しい歌詞ですね^^;
posted by ボーン at 08:04| Comment(0) | F Franz Ferdinand | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。