2015年01月27日

【和訳】Elliot Smith - Waltz #2(XO)

この曲の収録されているアルバムのタイトルでもある"XO"とは、手紙の最後につけて「キスとハグ」を意味するそうですが、一方で「失せろ」というような意味もあるようです。エリオット・スミスが彼の母について歌った歌とされています。なお、彼は継父から虐待を受けていたと言われています。

【歌詞&和訳】

First the mic, then a half cigarette
Singing Kathy's clown
That's the man she's married to now
That's the girl that he takes around town
She appears composed
So she is, I suppose
Who can really tell?
She shows no emotion at all
Stares into space like a dead china doll

まずはマイク、そのあとに煙草を少し
「キャシーズ・クラウン」を歌う
それがいまあの人が結婚している男
それがあの男が街に連れていく女
彼女は落ち着いているように見える
だからたぶん、そうなんだろう
誰にわかるっていうんだい?
彼女は感情を全く出さない
死んだ陶器の人形のように空虚を見つめている

I'm never gonna know you now but I'm gonna love you anyhow

あなたのことはもう知らないけれど、それでも愛しているよ

Now she's done, and they're calling someone
Such a familiar name
I'm so glad that my memory's remote
'Cause I'm doing just fine hour to hour, note to note
Here it is, the revenge to the tune
You're no good, you're no good, you're no good, you're no good
Can't you tell that it's well understood?

彼女はもう済ませたから、彼らは誰かを呼んでいる
よく聞く名前だ
記憶が薄れてくれてうれしいよ
時間がたつにつれて気分がすぐれていくからね
どうぞ、これがあの歌への復讐だ
「お前は最悪だ、お前は最悪だ、お前は最悪だ、お前は最悪だ、」
よくわかるだろう?

I'm never gonna know you now but I'm gonna love you anyhow

あなたのことはもう知らないけれど、それでも愛しているよ

I'm here today, expect it to stay on, and on, and on
I'm tired, I'm tired
Looking out on the substitute scene
Still going strong
XO Mom
It's OK, it's alright, nothing's wrong
Tell Mr. Man with impossible plans
To just leave me alone
In the place where I make no mistakes
In the place where I have what it takes

今日はここにいて、ずっとこのままでいることになっている
もう疲れたよ
代わりの場面を見てみると
まだまだ続いている
愛しているよ、母さん
いいさ、それでいい 何も問題ない
不可能な計画を言い出す
僕を一人にするための計画
そこでは僕は何も間違いを犯さない
そこでは僕のものは奪われる

I'm never gonna know you now but I'm gonna love you anyhow
I'm never gonna know you now but I'm gonna love you anyhow
I'm never gonna know you now but I'm gonna love you anyhow

あなたのことはもう知らないけれど、それでも愛しているよ
あなたのことはもう知らないけれど、それでも愛しているよ
あなたのことはもう知らないけれど、それでも愛しているよ




posted by ボーン at 02:45| Comment(0) | E Elliot Smith | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。