2014年04月20日

【和訳】Keane - Somewhere Only We Know

ピアノロックの代表的バンド、Keaneの曲です。昔のことを思い出させてくれる場所。そこはどうも自然にあふれた場所のようです。


【歌詞&和訳】

I walked across an empty land
I knew the pathway like the back of my hand
I felt the earth beneath my feet
Sat by the river and it made me complete

誰もいない大地を横切る
この小道はよく知ってるんだ
足元に地球が広がっているのを感じる
川のそばに腰かけると気分はもう完璧さ

Oh simple thing where have you gone?
I'm getting old and I need something to rely on
So tell me when you're gonna let me in
I'm getting tired and I need somewhere to begin

こんな単純なことなのに どこに消えてしまったのか
年を取った僕には頼るものが要るんだ
だから教えて いつ迎え入れてくれるのか
少し疲れてきたからまた新たな場所から始めなきゃ

I came across a fallen tree
I felt the branches of it looking at me
Is this the place we used to love?
Is this the place that I've been dreaming of?

倒木に出くわす
枝がまるで僕の方を見ているようだ
ここがかつて愛した場所なのだろうか
かつて夢見ていた場所なのだろうか

Oh simple thing where have you gone?
I'm getting old and I need something to rely on
So tell me when you're gonna let me in
I'm getting tired and I need somewhere to begin

こんな単純なことなのに どこに消えてしまったのか
年を取った僕には頼るものが要るんだ
だから教えて いつ迎え入れてくれるのか
少し疲れてきたからまた新たな場所から始めなきゃ

And if you have a minute why don't we go
Talk about it somewhere only we know?
This could be the end of everything
So why don't we go
Somewhere only we know?
Somewhere only we know?

ちょっと時間があるなら行ってみないかい
僕らしか知らない場所の話をしよう
これが最後になりそうなんだ
だから行こう
僕らしか知らない場所へ
僕らしか知らない場所へ

Oh simple thing where have you gone?
I'm getting old and I need something to rely on
So tell me when you're gonna let me in
I'm getting tired and I need somewhere to begin

こんな単純なことなのに どこに消えてしまったのか
年を取った僕には頼るものが要るんだ
だから教えて いつ迎え入れてくれるのか
少し疲れてきたからまた新たな場所から始めなきゃ

And if you have a minute why don't we go
Talk about it somewhere only we know?
This could be the end of everything
So why don't we go?
So why don't we go?

ちょっと時間があるなら行ってみないかい
僕らしか知らない場所の話をしよう
これが最後になりそうなんだ
だから行こう
僕らしか知らない場所へ
僕らしか知らない場所へ

This could be the end of everything
So why don't we go
Somewhere only we know?
Somewhere only we know?
Somewhere only we know?

これが最後になりそうなんだ
だから行こう
僕らしか知らない場所へ
僕らしか知らない場所へ
僕らしか知らない場所へ






posted by ボーン at 13:41| Comment(0) | K Keane | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。